税理士業務・提携先

税務・会計ポリシー

税務当局による税務調査に耐える適法性をキープすること。その上で無駄な税金を排する事は企業の成功・発展のポイントの1つです。企業の繁栄は取りも直さず国の繁栄に繋がります。このような観点から当事務所では、税務面で全力で企業家の皆様を応援いたします。

電子申告・納税をすすめています。全関与先企業様の100%の電子申告、自計化(関与先企業様の財務会計のコンピュータ化)を目指ています。

判例検索システム『LEX/DBインターネット』を所員全員が使用可能な環境にあります。税務的判断や税務調査等には有力な味方です。

1.ジャストアドバイス

企業は黒字であることが重要です。黒字であってはじめて税法上の様々な特典・恩典を受けることができるのです。
継続的黒字はパワーを生み、様々な協力者が集まってきます。ますます純資産は充実し、良好な循環ができるのです。
反対に、赤字企業はやがて資金枯渇となり、ダウンしてしまいます。もちろん金融機関もちかづくことはありません。

会計は、自社のためにあります。決して税務署や会計事務所のためにあるのではないのです。

(例)
・電子システムや機械等の取得・リース・・・特別償却や税額控除の有無を検討すべきです。
・土地建物の取得や交換・・・時期や方法によっては大幅な節税ができるかもしれません。
・社内の赤字部門は他社が必要とする事業もあります。無税で譲渡できるかもしれません。
・グループ会社は、グループの再編成を考え時代に即した有り様に整えることが大切です。
適格合併、適格分割、適格現物出資、適格株式交換などは、原則無税で組織再編が可能です。

当事務所は常にジャストアドバイスを心がけています。

2.会計処理を丁寧に

経理に不慣れな方も心配ありません。ゆっくり丁寧に、ご指導いたします。気がつくといつの間にか会社の経理ができてしまいます。

企業活動はすべて会計処理で表現しなくてはなりません(表現無用なものを除く)。当事務所では貴社の担当者を決め、月次処理をして各月の試算表を確定し、お届けします。なお、諸事情により訪問は柔軟に対応しています。
また、近くにおいでの節には当事務所にお寄り下さい。歓迎致します。

月次試算表銀行融資ではこの月次試算表が求められます。また同時に会社の経営成績や財政状態の確認・反省の拠り所となります。

決算は月次試算表を12回作成しこれに決算整理を加えて作成されます。

毎月の月次試算表を作成せず年に1度まとめて決算をしているような会社に明日はありません。

3.計画的事業経営のお手伝い

事業繁栄のポイントは、経営実績を翌年度の事業経営に生かすことです。将来の資金繰り予測し、余裕のある資金準備が可能となります。

当事務所では「継続MASシステム」により御社の、決算反省会や次期の予算策定を経営陣と一緒に策定する用意があります。

4.事業の承継はスムーズに

事業の承継は早めの対策が必要です。時間にゆとりを持って着実に対策することにより、適切な相続税対策が可能となります。

相続は会社オーナにおいては、B/Sの純資産の部の問題でもあります。この純資産の部は法律のかたまりです。法人税法、所得税法、相続税法、会社法等がかかわります。できるだけ早期に対策を練っておきましょう。

当事務所では、適切に対応すべく財産評価システム、相続試案システム、非上場株式評価システム等を駆使してアシストいたします。

5.コンピュータ導入

財務システムは中小企業用のFX2から公開企業用のFX4まで対応できます。立ち上げから軌道にのるまで当事務所とTKCで全力応援いたします。当事務所は数多くのシステム導入経験があります。

改正税法等にも素早い対応がTKCの良さです。導入後も安心して使用出来ます。

株式公開起業用「FX4」とは・・・

年商10億を超え、事業所も複数になった・・という企業は要体験です!

FX4の8つの強み
1.会計法令の遵守対応
2.全社と部門別の最新業績を瞬時に要約表示。
3.全社と部門別の製品ミックスに関する時系列分析。
4.部門別の階層管理機能と部門別グループ別業績管理機能。
5.他社業務システムとのデータ連携と豊富なオプションシステム。
6.内部統制対策ツール。
7.国税・地方税の電子申告と一気通貫。
8.会計事務所とTKCによるトータルサポート。

建設業用会計システム(DAIC2)

特徴

1.「財務会計」と「建設減価計算」が完全連動
2.会計伝票の入力のみで「現場別工事台帳」を簡単作成
3.複数の工事を比較する「工事別利益管理表」を作成
4.リアルタイムで問題工事をチェックできます。
5.「工事粗利益分布表」で、受注工事の傾向分析が可能
6.「工期一覧表」で手持ち工事の確認が容易に
7.「担当者別業績順位表」で、担当者別の売り上げや、粗利益率が一目瞭然
8.当システム立ち上げは当事務所とTKCがお手伝いします

業務提携先

☆提携先
当事務所はクライアントの皆様の諸問題に立体的に対応すべく下記の提携をしています。 必要に応じてご紹介いたします。
☆提携先当事務所はクライアントの皆様の諸問題に立体的に対応すべく下記の提携をしています。 必要に応じてご紹介いたします。

・弁護士3名
・司法書士1名
・司法書士法人1社
・社会保険労務士3名
・中小企業診断士2名
全員当事務所の信頼の厚い方々です。大学院のゼミ仲間も含まれています。